地球のかたすみで~ブログ版

なんとなくはじめてみました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

AKB48秋元才加(22)、「サクラ大戦」作者の広井王子(56)とお泊りデート

広井はん、

何してはるんですかw!


メチャクチャ笑ってしまったw!まぁ、何と言うかビデオを見てて芸の勉強してたらしいけど・・・・言い訳が・・・言い訳が昭和過ぎるw!そこまでこだわらなくていいんですよ古風な感じはw!
そんなもんいいので、早く桝田省治さんが完全監修の天外3完全版と巴里華激団のメインのサクラ大戦3の完全な続編を作ってくださいw!

広井王子さんの師匠は森本レオさん・・・・森本レオさんと言えば・・・・
スポンサーサイト
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

-------------------------------------1
<セントラルシティ>
<科学捜査研究所>
フラッシュ:捜査の真っ最中なんだぞ!
シン:反論するな、アレン。その件は捜査打ち切りだ
フラッシュ:断る
シン:断る?
フラッシュ:被害者は職場の駐車場で殺された。ゆきずりの強盗の仕業に見せかけられているが、終業後の駐車場にはロックがかかるんだ。犯人は鍵を持ってる人間しかあり得ない
フラッシュ:我々が速く動けばこの事件は解決でき…
シン:『速い』という言葉は今週のキーワードだ。署長は全署員に"フラッシュ"事件の捜査を求めている

シン:全員
シン:フラッシュ事件に
シン:もちろん署の秘蔵っ子であるお前もだ
フラッシュ:被害者には家族だっているんだ、シン局長。
フラッシュ:この人を"未解決"にしてはいけない

シン:すまんな、バリー。だがな。俺の決める事じゃない
シン:俺も研究所を殺人事件の捜査に戻したいのはやまやまだが…

シン:…フラッシュの正体を探し当てるまでは無理な相談だ
スーパーマン:"催涙ガス。音波爆弾。テーザー"
-------------------------------------2-3
スーパーマン:君のベルトは空っぽだね、バットマン
-------------------------------------4
スーパーマン:少し前、私は別の誰かに襲われた。それと同じ箱を持った者にね。ひょっとして君の知り合いかい?
スーパーマン:彼は自爆した。巻き込まれたビルはほとんど倒壊しかけたよ
スーパーマン:君は何者だ?箱は何の為にある?

ランタン:今のひき逃げ列車のナンバー、誰か覚えてねーか?
ランタン:車両の特徴はマント
市民:ひぇぇ
市民:あいつも例の奴らだ!
市民:逃げろ!

ランタン:もういいぜ、坊ちゃんに嬢ちゃん
ランタン:本人が見えた
ランタン:ラウンド2開始だ

スーパーマン:しゃべれ、バットマン。無理やりさせられる前に
:話す…つもりだが…
-------------------------------------5
ランタン:そいつを放せ、スーパーマン
ランタン:無理やり落とさせる前にな
バットマン:二人とも待て…!

スーパーマン:鎖?

スーパーマン:面白い人だ、グリーンランタン
-------------------------------------6-7
(台詞なし)
-------------------------------------8
ランタン:俺の固形ライトをブッ壊しやがった!どうやったらそんな真似出来るんだ?
バットマン:彼が怒っているからだ
ランタン:俺もだよ!
バットマン:我々より前に来た誰かが逆上させた。何とかしてこの男と話し合わねばならん
ランタン:話し合う?
バットマン:力では止める事は出来ない、ランタン。この男は強い。そして速い

ランタン:そうかよ。だが知り合いにもっと早い奴がいる

フラッシュ:もしもし、バリー・アレンだ
ランタン:フラッシュ?俺だ!グリーンランタン!
フラッシュ:ハル!?二度と電話するなって言ったのに…
ランタン:お前の助けがねーとヤバイ!
-------------------------------------9
ランタン:メトロポリスだ。7番街とメイン通りの交差点…
ランタン:いや、7番街と大通り!
バットマン:集中しろ、ランタン!また集中が途切れればシールドが破壊される

フラッシュ:今のは誰だ?
ランタン:バットマンが隣にいる
フラッシュ:バットマン?実在したのか?
ランタン:ああ。しかも機械みてーな冷徹野郎だ
フラッシュ:君は何をしでかしたんだ?
ランタン:何もしてねーよ
フラッシュ:いつもいらない事するだろ

ランタン:戦いを始めたのは俺じゃねーって
フラッシュ:戦い?
ランタン:実は…俺&バットマンvsスーパーマン
フラッシュ:スーパーマン?君は頭がおかしいのか?

ランタン:かもな。詳しい説明はお前がここまで走ってきて、奴をくたくたに疲れさせた後だ!
フラッシュ:断る
ランタン:断る!?
フラッシュ:前にグリーンランタンとフラッシュが共闘した時に何が起こったか、覚えてるな?
ランタン:しゃべるゴリラを二人でぶっ飛ばしてセントラルシティを救ったっけな
フラッシュ:そうだけど、その過程で自然史博物館を壊してしまったじゃないか!
フラッシュ:ウチの上司のそのまた上司は"フラッシュ狩り部隊"なんてのを結成してしまった。だから自分の仕事の邪魔はできないよ

ランタン:フラッシュ!
ランタン:俺達
ランタン:こいつに
ランタン:殺される!
-------------------------------------10
フラッシュ:わかった

フラッシュ:少し君に頭を冷やす時間をあげよう
-------------------------------------11
フラッシュ:攻撃されるのは好きじゃない
ランタン:攻撃したのはあっちの方だ!
フラッシュ:どちらも混乱しているようだな、ランタン

フラッシュ:どうやら
フラッシュ:お互い

フラッシュ:大きな

フラッシュ:誤解をしてるようだ

フラッシュ:無駄な努力は
フラッシュ:やめたまえ

フラッシュ:私は捕まらないよ、スーパーマン
フラッシュ:誰も触れることすら出来ないんだ
-------------------------------------12
フラッシュ:ほとんど
フラッシュ:一度もね

フラッシュ:攻撃されるとは
フラッシュ:ワオ
-------------------------------------13
バットマン:もうやめろ、スーパーマン。私からの頼みだ
バットマン:例の火を吐く怪物は我々の仲間ではない。私も攻撃された。君と同じだ
バットマン:グリーンランタンのリングが地球外の怪物だと言った。だから我々は君が何か知ってるんじゃないかと推定した
ランタン:あー…そうそう。バットマンの言う通り

スーパーマン:私もあんな生き物は初めて見た
バットマン:これと同じ物を持ってたんだな?
スーパーマン:自爆に巻き込まれたと思っていたが

フラッシュ:何が誰の自爆に巻き込まれた?もう戦いは終わった?
ランタン:ああ
フラッシュ:じゃあ私が片づけをするよ

軍:全員、地区を退去せよ!
-------------------------------------14
フラッシュ:やれやれ。またフラッシュに悪名とはね。ありがとう、ランタン
ランタン:俺のせいじゃねーぞ
フラッシュ:私は犯罪私刑人(ヴィジランテ)じゃない。一緒くたにされたくないな
ランタン:マスクをつけてるくせに
フラッシュ:私は決して法律は冒さない
スーパーマン:軍だ。レックス・ルーサーが絡んでるとみて間違いないな
バットマン:君もレックス・ルーサーが好きじゃないのか?
スーパーマン:ああ

バットマン:来い
スーパーマン:なぜ私まで?
バットマン:君も我々の同類だからだ
スーパーマン:私に同類などいないよ
バットマン:市民はそう思っではくれないぞ、スーパーマン
ランタン:いつも以上にマジだな
バットマン:慎重になっているんだ。普通はそうなる
ランタン:何が心配なんだ?スーパーマンか?
バットマン:違う
-------------------------------------15
バットマン:"この箱がいくつもあるという事だ"
研究員:これは今朝のスーパーマンの乱闘の跡から発掘された物だ

ストーン:これはスーパーマンの持ち物か、サラ?
研究員:そうは思えない。これの正体については何もわかっていないわ。材質の金属すらね
研究員:だがこれが何かしらの信号を発信しているのは確認済みだ
研究員:同じ信号はニューイングランド、ワシントンDC、セントラルシティ、コーストシティからも見つかっている

ストーン:気付かないわけがないが…全て超人の活動が確認されている場所だな
研究員:そうだ、ストーン博士。超人がこの件に絡んでいるのは明らかだな
研究員:ストーン博士?

研究員:息子さんが来ています
ストーン:今はあいつに会う時間などない
研究員:とても取り乱していました
研究員:またですね

ストーン:はぁ。まったく…
-------------------------------------16
ストーン:"連れて来い"
ヴィクター:父さん…?
ストーン:ヴィクター。私はとても重要な仕事の最中なんだ
ヴィクター:今日の試合に来てくれるって言っただろ。約束したよな、父さん

ヴィクター:スカウトが来た。俺を見る為に来たんだぞ
ヴィクター:全員が奨学金を全額くれるつもりだってコーチが言ってた…

ストーン:ヴィクター…奨学金などいらん。学費は私が払っている
ヴィクター:そんなの金のない人にでもあげてくれ。俺はその金でフットボールプレーをする。ミシガン大だって来てた…
ストーン:ミシガンは悪くない大学だ。だがボール遊びで時間を潰すべきではない

ヴィクター:俺はフットボールが好きなんだ。上手いんだ
ヴィクター:プロにだってなれる。みんなそう言ってるんだ、父さん

ストーン:現実を見ろ、ヴィクター!
-------------------------------------17
ストーン:我々が住む、今の世界を見ろ!
ストーン:私達は新人類の誕生を目撃しているのだ。超人…空を飛び、建物を引き裂き、レースカーを追い抜く人々
ストーン:お前に出来る事など、彼らが来れば時代遅れになるだけだ!それがわからんのか?

ストーン:フットボールをキャッチして、タッチダウン? そんなのは物笑いの種にしかならん!

ストーン:父さんは俺の試合を絶対に見に来ないって事か?

ストーン:そうだ
-------------------------------------18
バットマン:潰れた印刷工場だと?
スーパーマン:私に作戦基地はないからね
バットマン:なら普段はどこへ隠れてる?マスクを被らないという事は君に秘密の正体はないんだろう?
ランタン(小声):なぁ、フラッシュ
フラッシュ(小声):何だ?
ランタン(小声):黒い奴と青い奴は放って行こうぜ。俺達で解決しよう。二人ともいらねーよ。バットマンはクソ野郎だし、スーパーマンも事情を知らないみたいだ
フラッシュ(小声):知ってる人に心当たりは?

フラッシュ:君のリングを作った宇宙人はどうだ?彼らは知らないのか?
ランタン:ガーディアンズは何だって教えてくれる。リングが知らないって事は、あいつらも知らないんだろうよ
ランタン:高速で分解して中身を見るってのは出来るか?
フラッシュ:止めた方が良いと思う
ランタン:なんでだ?
フラッシュ:中身が放射能や毒物の危険がある

スーパーマン:その箱は透視出来ないから、私にもわからない
フラッシュ:透視出来るのか?
スーパーマン:普段はね
フラッシュ:じゃあ君の能力はどんなのだ、バットマン?

バットマン:話を逸れるのを防ぐ事が出来る
バットマン:結局、この箱から何かわかる事はないのか?
-------------------------------------19
ランタン:なぁ、実は俺とフラッシュは急用が…
フラッシュ:私が分析しようか?もし誰かが先に触ったなら、指紋かDNA痕が残っているかもしれない
バットマン:警官のような口ぶりだ
フラッシュ:そうさ。科学捜査研究所に勤めてるんだ

ランタン:バリー、自分の正体をバラす気か!
フラッシュ:君こそバリーって言ってるだろ、バカだな

研究員:ストーン博士?
研究員:何かが起きているわ

ランタン:この箱は何をやってんだ?

ヴィクター:父さん?何だあれ?
ストーン:総員、ここから退避…!
-------------------------------------20-21
パラデーモン軍団:ダークサイドの為に!

ストーン:ああっ!
ヴィクター:(悲鳴)
-------------------------------------22
ストーン:ヴィクター!
<次回:ワンダーウーマン>

-------------------------------------23(おまけページ)
<アメリカ空軍>
<機密情報>

<『楽園への飛行』作戦-空軍:スティーブ・トレヴァー大尉への聴取記録>
<筆写担当:ジェフ・ジョーンズ>

1)997申込用紙に名前と書類の閲覧許可を得た日付を記入
2)無許可での情報漏えいを防ぐ為、安全が確認された金庫に保管されている場合を除き、持ち出しを厳禁します
3)書類の移送先は情報を知る必要があり、セキュリティ権限の与えられている者のみとする
4)書類の統括権を譲渡する時は、いかなる場合でも受領証を受け取る事

<警告:閲覧には特別許可が必要>
-------------------------------------24
<『楽園への飛行』作戦-空軍:スティーブ・トレヴァー大尉への聴取記録>
<17ページ中3ページ目>

トレヴァー:その質問には答えたはずだ、アマンダ・ウォーラー
ウォーラー:ええ、でも信じ難いのよ。勲章を受けた"英雄"のあなたが…『パンドラの箱』作戦を生き残ったアメリカ空軍パイロットで、小舟を含む23隻以上の遭難船を救ったプロフェッショナルが…
トレヴァー:ちなみに言っておくが、俺は一度も救助に失敗した事はない
ウォーラー:それなのに、自分が墜落した先の島がある位置もわからないと言うのね。どうやって帰ったかもわからないと
トレヴァー:島に着いた方法を知りたいなら、俺を例の嵐の只中に送り込んだ奴らにでも聞いてくれ
ウォーラー:遭難したアメリカ沿岸警備隊の船を探索していたそうね
トレヴァー:だがそんな船は最初から存在しなかった
ウォーラー:遭難船が存在しなかった?
トレヴァー:帰ってから、記録を調査したんだ。遭難船などなかった。全ては嘘だった
ウォーラー:上司があなたを騙したと言うの?
トレヴァー:違うな。誰かが俺の上司を騙したんだ。そいつらはわかってて俺をハリケーンの目に突っ込ませた…
ウォーラー:わかっていて、とは…「黄金の光の輪を抜け、アマゾン族の住む島に墜落」するという事を?今のはあなたが書いた報告書からの引用よ
トレヴァー:実際に起こったんだ
ウォーラー:これも実際に起こった事だけど、警備隊の遭難船は見つからず、乗組員は行方不明とされた
トレヴァー:船は実在しない
ウォーラー:遺族に同じ台詞を言いなさい、トレヴァー大尉。「ちなみに言っておく」けれど、あなたは救助に失敗したわ。気分はどう?誰かを救えなかった気分は?
トレヴァー:あんたは精神科医か?それとも政府の秘密エージェントか?
ウォーラー:ある意味、両方ね
-------------------------------------25
<『楽園への飛行』作戦-空軍:スティーブ・トレヴァー大尉への聴取記録>
<17ページ中7ページ目>

ウォーラー:ワンダーウーマンは、政府をその島へ招待してくれるかしら?
トレヴァー:しないだろう。もし出来たとしても
ウォーラー:それは納得できないわね
トレヴァー:彼女は故郷の島へ帰れないんだ。あの島は危険じゃない。彼女も危険じゃない。
ウォーラー:同じ台詞を世界に言ってあげなさい。ワンダーウーマンはあの誘拐犯を…
トレヴァー:それはあの男が子供達を殺そうとしたからだ
ウォーラー:彼女は剣で犯人の喉を切り裂いた。人質の子供達が見てる前で。それがアマゾンのやり方?非武装の人を殺すの?
トレヴァー:奴は非武装じゃなかった
ウォーラー:でも彼女はアマゾン族。同族は他にも大勢いる
トレヴァー:そうだ
ウォーラー:アマゾン族の目的は?
トレヴァー:干渉されない事。それだけだ
ウォーラー:じゃあワンダーウーマンの目的は?何の為に彼女はこの世界に来たの?なぜ故郷に帰ろうとも思っていないの?
トレヴァー:質問があるなら俺が彼女に聞く。彼女は俺になら話してくれる。ただ彼女を怒らせるなよ
ウォーラー:怒った時、人は本当の実力を見せる。それを誘発するのが私の仕事よ
トレヴァー:彼女は、育てられた目的に従って行動しているだけだ
ウォーラー:それは何なの?
トレヴァー:戦う事

-------------------------------------26
<『楽園への飛行』作戦-空軍:スティーブ・トレヴァー大尉への聴取記録>
<17ページ中13ページ目>

ウォーラー:彼女とは恋愛関係なの?
トレヴァー:なに?違うさ
ウォーラー:今の質問はあなたをたじろがせるようね
トレヴァー:俺はたじろいだりしない
ウォーラー:私は今の言葉を信じないわ。あなたもそうよね。あなたはUFOを信じる?
トレヴァー:UFOを信じる?その質問がこの件に何か関係あるのか?
ウォーラー:面白いからよ。UFOを信じる?
トレヴァー:スーパーマンはエイリアンという噂…だが
ウォーラー:じゃあアトランティスは?アトランティスは信じる?新たに現れた超人、通称アクアマンはアトランティスが存在すると主張しているわ
トレヴァー:アクアマン?例の魚とお話しする男か?
ウォーラー:他にも数人の男女に関して、世界中から奇妙な報告があるわ。お互いに全く繋がりのない人々が魔術師に攫われ、試練を受ける。試練は『シャザム』と呼ばれる何かに相応しいかを試される。それらの人々は巷で魔法誘拐被害者と呼ばれてる
トレヴァー:なぜそんな事を俺に教える?
ウォーラー:私が言いたいのはね、トレヴァー大尉。この超人だらけの世界で無視していい物などないという事よ。もう何も信じられない。神話は事実。噂はノンフィクション。アマゾン族なんて物が実在する
トレヴァー:地球上の誰もが知っている事以外に言える事はないのか?
ウォーラー:次は何が起きるのか、誰も予想できない。まるでデヴィッド・グレーヴスの本に書かれた全てが現実化したようだわ
トレヴァー:デヴィッド・グレーヴスとは誰だ?
ウォーラー:10冊以上の世界の不思議の本を書いた作家よ。もっと読書なさい、トレヴァー大尉。さて、次の話題よ。この投げ縄について教えなさい

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |


I created it Mangaverse ninja spider-man

1.
s-spider1.jpg


2.
s-spider2.jpg


3.
s-spider3.jpg


4.
s-spider4.jpg

ninja spider-man It drew two years ago.

1.
s-kumo01.jpg

2.
s-kumo02.jpg

3.
s-kumo03.jpg

4.
s-kumo04.jpg

5.
s-kumo05.jpg

6.
s-kumo06.jpg

7.
s-kumo07.jpg

8.
s-kumo08.jpg

9.
s-kumo09.jpg

10.
s-kumo10.jpg

11.
s-kumo11.jpg

12.
s-kumo12.jpg

13.
s-kumo13.jpg

14.
s-kumo14.jpg

15.
s-kumo15.jpg

16.
s-kumo16.jpg

17.
s-kumo17.jpg

18.
s-kumo18.jpg

19.
s-kumo19.jpg

20.
s-kumo20.jpg

21.
s-kumo21.jpg

22.
s-kumo22.jpg

23.
s-kumo23.jpg

24.
s-kumo24.jpg

25.
s-kumo25.jpg

26.
s-kumo26.jpg

27.
s-kumo27.jpg

28.
s-kumo28.jpg

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
ティンクル☆くるせいだーす 聖沙フィギュア ティンクル☆くるせいだーす どきどきワクワク生徒会ラブコメ ティンクル☆くるせいだーす GoGo!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。