地球のかたすみで~ブログ版

なんとなくはじめてみました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

アルサラスの贖罪

本屋に行ったら『アルサラスの贖罪』と言うタイトルのデイヴィッド・エディングスの新刊が出てたので買った!いや~まさか新刊出てるとはまったく知らずに不覚を取ったな~w!こんな長編タイトルまだあったんだ!と思ったら1冊で出た本を日本版では3冊に分けて出すのかw!まぁ、エディングスの新作読めるなら全然構いません!

そういうことであとがきから読んだら(おいw)、作者さん今年の6月2日に亡くなってたのか・・・・・なんかかなりショックだな・・・・。もう年齢が77歳と高齢なので仕方が無いけどやっぱりショックだな~・・・・。共著の奥さんが2年前に亡くなったのは書いてあったので知ってたけど、これで完全にエディングスの新作は永遠に読めなくなるのか・・・・。前の日記サイトの時から何度も書いてるけど、自分が海外のファンタジー小説で一番好きなのがこの人の『ベルガリアード物語』から始まる物語で、今でも時々好きなカット読み返したりする。それこそ墓の中に持っていきたい!ってくらい好きな作品だw!ほかのシリーズのエレニア記シリーズも好きだけどね!もう一つのドラル国戦記はちょっとまだ最初しか読んでないので判断できないけど、エディングススレを久々にのぞいたら今回のアルサラスの贖罪はそれ(ドラル国戦記)以上に面白いとのレスが多いので楽しみだ!来月発売の最終巻買って一気に読もうか、今日から移動中にチマチマ読もうか迷うよな~w!

亡くなった直後のレスで

285 :名無しは無慈悲な夜の女王:2009/06/05(金) 01:41:49
〈鉄拳〉もようやくベルダランの元に旅立てたのだ。
皆で祝ってやるべきだと思う。

ってのがあったけど、これ書いた人天才だな!と思った!ベルガリアード読んでない人には判んない例えだけど、読んでる人にはこれ以上に素晴らしい例えは絶対にないよな~と思える書き込みだな!スレ内では亡くなった直後に本当にショック受けてるような書き込み多かったけど、昨日知った自分は昨日からショック受けてる・・・この人の作品がいかに自分に色々素晴らしい物残してくれてたのかが判るよ・・・。
スポンサーサイト
小説 | コメント:0 | トラックバック:0 |

冥界の門

今日はアイスウィンドウサーガ3部作の完結編の『冥界の門』の発売日だな・・・・
新装版で最初出て、途中で版型変えたり翻訳者変えたりして色々あったけどちゃんと出て良かったな~・・・・。最初の1巻出たのって2004年だろ・・・・長すぎるよw!翻訳完結までに5年もかかったのか・・・・ま~売上げが悪いせいで仕方が無いんだけどね・・・・
まだ泊り込みなので買えないけど、終わったら買おう~っと♪でも読むのは後日だな・・・・すでに続編の方が先行翻訳されてるという特殊な状況なのですでにどんな内容起こるか語られてて知ってるだけにそんなに楽しめないかもしれないけどw

それよりも・・・・明日はいよいよアレの発売だぞ!!
小説 | コメント:0 | トラックバック:0 |

夜の殺戮者

ダイノコンチネント 夜の殺戮者』を読破した!あまりにも面白いので1日で読んでしまったよ!

今回は前回シロウ達が旅立った後の物語だったけど、白亜紀末期にタイムスリップした主人公達日本の高校生らの時代では前作で最初にタイムスリップしたジャンボジェット機が行方不明になってまだ数日とのことだった(白亜紀末期の時代では500年前に最初の漂流者(ジャンボジェット機の住人)がたどり着いた事になってるのでタイムラグがあるのだろう。さらに今回の事で数日とは言えジャンボジェット機の住人たちより数日未来の住人がタイムスリップしたことから未来からも人が来れるって事になるな~・・・・。どれくらい未来からこれるのだろうか?

今回ほとんど似たような話だった(ま~高校生がバラバラにタイムスリップするので仕方が無いけど)。それぞれ異なるトコに飛ばされた2人組X3がそこで生き残るために必死になってくという形の話。

なかでも好きだったのが今作がデビュー作となるらしい田辺あひるさんの『Best Frienrd』という作品(今回の3作の中では一番長い)。女の子2人が主人公だけど、昔仲が良かった2人がいつの間にかギクシャクした関係になってしまって状態でこの時代に来たって始まりで、2人の心の交流がメチャ良かったよ!

友野詳さんの本のタイトルにもなってる『夜の殺戮者』も良かったよ!ま~ちょっとネタバレになるけど、最後ちょっとした能力に目覚める奴っがいるんだけどそれが今後その能力にほかにも目覚める奴がいるのかが気になる!

次は山本弘さんが再び長編書くらしいな、楽しみだ!このシリーズは予想以上に面白くていいよな~!!主人公達高校生はボランティア団体のメンバーだったんだけど、なぜかそのメンバーの団体にこの時代で懸賞金かけられてたりする謎が残ってるのでその辺り語られるかが気になる!!

小説 | コメント:0 | トラックバック:0 |

シャナナ

山本弘さんの原作で作画がBOYS.BEEの人の『魔境のシャナナ』買った!山本さんが自サイトでも好きなのを公言してるターザン(アマゾネス?)物だった!

山本弘さんと言えば『滅亡の星、来たる』をドラクエ買う前に読み終えたのだった!
まぁ、簡単に言っちゃえば『オレ達の戦いはこれから始まる!』ってエンドだったw!でもこれはこれから始まる物語なので良いか~!!いつ落ちてくるのか判んない彗星(今のところ地球と月の重力の狭間で均衡を保ってる)を食い止める方法を探すって事聞いた時はまさかみんなでギフト(魔法のようなもの)使って逆襲のシャアのような事やるのかw?と思わずにはいられないよなw!

数百人乗りのジャンボ機が恐竜時代にタイムスイップするって物語だったけど、たった数百人で500年後にはこんな厳しい環境なのに10万以上にどうしてなってるのだろうと読んだ当初は思ってたけど、色んな時代からタイムスリップで来てるらしい。そうなるとこれってシェアード・ワールド(多数の作家で一つの世界観を書く)物なので色んな創造できるよな!
個人的に考えたのはありがちだけど源平合戦の最後の戦いの壇ノ浦の戦いで海に潜った安徳天皇が宝剣(天叢雲剣)を持ち一人でタイムスリップしする物語とか?色々と考えれるよな~!!

本自体も凄い面白かったし、次巻が気になるよな~!!
小説 | コメント:0 | トラックバック:0 |

滅亡の星、来たる

山本弘さんの『滅亡の星、来たる ダイノコンチネント』をチマチマ電車の中で読んでます!
旅客機がなんでか恐竜時代にタイムスリップするって物語・・・・・なんだけど、時代はすぐにそれから500年後に飛んでその子孫たちの物語w!
その子孫達はなんでかギフトと呼ばれる特殊能力(ようするに魔法w)を1人に1つ以上は持っており・・・・な~んかモンハンのようなの期待してただけにちょっとガッカリしたw!もうちょっとモンハンのように恐竜の歯などで武器など作って戦うヒロイッファンタジーものかと表紙の段階で思ってたもんでw

まぁ、でも山本弘さんだからそこのとこはすぐに慣れて面白く読んでるよ!今謎の彗星が地球にせまってきてるとこまで読んでるんだけど、どうなるのかな~これから?シェアードワールドって表紙に書かれてるので、ソードワールドのように複数の人らで世界広げて(書いて)いくのかな?
山本弘さんの書くソードワールド関連の小説は何度も書くけど素晴らしく、特に完結に10年以上かかった『サーラの冒険』は本当にボーイ・ミーツ・ガール物の小説としては傑作の一つだと断言できるよ!これからのこの新シリーズも超期待!!
小説 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME | NEXT
ティンクル☆くるせいだーす 聖沙フィギュア ティンクル☆くるせいだーす どきどきワクワク生徒会ラブコメ ティンクル☆くるせいだーす GoGo!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。