地球のかたすみで~ブログ版

なんとなくはじめてみました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

髑髏水晶の王国

インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国』の感想

時代をナチスの第二次世界大戦前夜から、ソ連との冷戦時代に時代設定を変えての新作(ハリソンが老けたので仕方ないけど。)
UFOとかでるっぽいこと前情報で知ってたのでどうなることやら?と思ってみたけど

いや~最高に面白かったよ!
脚本がちょっと粗いと感想サイトで見たけど、個人的には全然許容範囲内だよな!あれぞインディ!って感じだった!

以下ネタバレ
まずソ連の女イリーナ・スパルコ大佐ってメチャクチャ美人だよな~!あれで39歳には見えないってw!

イリーナ達がエリア51を襲撃するとこから始まるんだけど、あそこ世界中の超常兵器収めてるのに警備手薄すぎるw!襲撃から捕まってたインディが脱出する時にチラっと収容されてる品の『聖櫃(アーク)』見えたのはファンへのサービスだろうなw!あれがもしチラっと空いてでもいたらまずかっただろうwあそこ立ち入れなくなるだろうw

んで、エリア51から脱出した後の次のイベントは核実験w核ミサイルの放射能を冷蔵庫で防いだって・・・・w鉛って放射能遮断するんだっけw?放射能除去の洗浄うけてたけど、たしか映像の世紀であれでは不十分で被爆する人間多数いたってやってたのだけど・・・・まぁ、そんな細かいとこ突っ込んだら負けだなw

スパイ容疑かけられたりしたインディも無事に大学に帰れたけど、赤狩りの公職追放のせいで大学追い出されたりするとこなんていかにも50年代って感じだよな。

まぁ、そういうことで大学出てよその大学行こうとしたとこで謎の青年(マット)に誘われるままにKGBと追いかけっこやった末にペルーまで行く事になるwここからはもうアクションの連続なので端折って書くけど、その青年の母親が1作目『レイダース 失われたアーク』のヒロインのマリオン・レイヴンウッドで、底なし沼に2人が引っかかって抜け出せない時に『実は息子の本名はヘンリー・ジョーンズ3世』と言い出し、インディの息子だと判明した。ここからの流れ好きだな~w!それまで学校退学したマットに『自由に生きろ』と説いてたのに、いざ自分の息子とわかると『学校は卒業させる!』と態度一変したり、旧作の最後の聖戦を思わせるマットに対して『ジュニア』と呼びかけるインディにマットが『ジュニアは止めろ!』と言う場面とか良いよな!

もう最後はトンデモ的な展開だけど全然面白かった!これは本当にインディの新作なんだな!最後のシーンでマットのとこにインディの帽子が飛んでくるけど、拾おうとするマットより先にインディが拾って被るのは『まだまだインディの座を譲るつもりはない!』って意思表示なんだろうな~、と勝手に想像したw!
スポンサーサイト
映画 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ハルク感想 | HOME | おぉっ!>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
ティンクル☆くるせいだーす 聖沙フィギュア ティンクル☆くるせいだーす どきどきワクワク生徒会ラブコメ ティンクル☆くるせいだーす GoGo!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。